UiPath StudioX 基本操作04 プロジェクトノートブックを徹底解説‼

RPA UiPathを使おう ブログ

UiPath StudioX プロジェクトノートブックタイトルロゴ

読者のみなさま!こんにちは!!Apachanです。
前回はUiPath StudioXを使って、アプリ/Webレコーダーで操作内容を記録と再生を解説しました。
使い方に慣れるまで少し時間がかかりますが、難しい知識を覚えることなく利用できるイメージは伝わったのではないかと思っています。
今回は、プロジェクトノートブックについて解説したいと思います。
プロジェクトブックはこれまでの操作でも毎回表示されていたので、もしかしたら気になっていた方もいるのではないでしょうか。

目次
1.概要
・「プロジェクトノートブック」とは?
・何のためにあるか?
・4つのシートの特徴
2.2つの参照方法
・参照方法①:プロジェクトノートブック内を視覚的に指定
・参照方法②:定義された名前から直接的に指定
まとめ

1.プロジェクトノートブック

・「プロジェクトノートブック」とは?

下図のようにファイルを参照する際にプロジェクトノートブックは表示されます。
これはStudioXの仕様上、新しくプロジェクト(空のタスク)が作成される際に必ずプロジェクトノートブックが新規に生成されるからとなります。
1つのプロジェクトに対して、必ず1つのプロジェクトノートブックが生成されるイメージで問題ありません。

<プロジェクトノートブックの参照>
プロジェクトノートブックとは?

・何のためにあるか?

業務を自動化するにあたり必要とされる日付・文字列・数値・ファイル名やファイルパスの値を保持し、
値を参照するためにプロジェクトノートブックがあるとされています。
例えば、日々運用するシナリオで当日の日付情報が必要とします。当日とマッチするファイルの抽出するなどはよくあることです。
この当日の日付という情報を作成するためには以下のように本来関数を利用する必要がありますが、
プロジェクトノートブックがあれば直接的に関数を利用する必要はありません。

※ 参考
UiPath Studio 当日の日付の取得
DateTime.Now.ToSting(“yyyy/MM/dd”)

<プロジェクトノートブック ※ 2020年10月4日(日)作成>
プロジェクトノートブック

・4つのシートの特徴

プロジェクトノートブックで参照可能な4つのシートについて解説します。
既存の数式をそのまま利用することも可能ですが、変更してカスタマイズすることも可能です。

シート名 説明
Date 日付関連の情報が参照可能。当日の日付はもちろん、前月月初や前月末、当月月初や当月末などの数式が設定されています。
n日後やn日前となる基準となるnの設定も可能です。初期値は「7」で設定さています。
Text 文字列関連の情報が参照可能。大文字や小文字に変更したり、名前を姓名に分割する数式が設定されています。
Number 数値関連の情報が参照可能。少数切り捨て、小数点・カンマ区切りなどに変換する数式が設定されています。
File ファイルやフォルダ関連の情報が参照可能。ファイル名の保管のみならず、パス分割や名前部分のカスタマイズのための数式が設定されています。

※ Scratchpadシート
Scrachpadシートはブランク状態のシートです。
個人的にカスタマイズして利用していくもののようです。

Your Project Notebook is intended to use Excel formulas for data manipulation and calculations It includes several samples sheets to get you started, but you have the freedom to do anything you can do in Excel.

→プロジェクトノートブックの抜粋となりますが、あらかじめ用意されているシートはサンプルシートとしての位置づけのようです。
Excelでできることは自由に扱うことができるので、Scratchpadシートの活用が鍵を握っているように思います。

2つの参照方法

参照方法①:プロジェクトノートブック内を視覚的に指定

慣れない初期は、実際のプロジェクトファイルを見ながら指定した方が確実でしょう。
下図のように、「Excel内で示す」を選択します。

<「Excel内で示す」を選択>
参照方法①:プロジェクトノートブック内を視覚的に指定の図解

プロジェクトノートブックが起動するので、該当する数式を選択して決定してください。
余談ですが、該当するセルの名称が青枠内に表示されます。
「参照方法②」はこちらの名称で直接指定する方法となります。

<数式を選択して決定する方法>
Excel内の指定方法

参照方法②:定義された名前から直接的に指定

よく使うものはこちらの方が便利かも知れません。
慣れてきたらこちらの方法も是非試してください。

<Today[セル]を直接指定>
参照方法②:定義された名前から直接的に指定の図解

まとめ

今回はUiPath StudioXのプロジェクトノートブックについて解説しました。
慣れ親しんだExcel式の情報を扱うことができるので、親和性の高い方も多いのではないでしょうか。
個人的には、プロジェクトノートブックの解説が全て英語なのが非常に勿体ないと感じました。
UiPath自体グローバル製品なので致し方がない面はありますが、StudioXはRPA初心者向けの機能なため、
少なくとも言語の心理的なハードルを取り除くことも重要と考えます。
また、Scratchpadシートの具体的な活用方法が共有されると入門者としいては嬉しいでしょう。
今後のStudioXに期待します!

Apachan

約10年間の代理店営業を経験した後にITに興味を持ちプログラミングを習得。営業で培ったコミュニケーション力を活かしつつ...業務現場からボトルネックとなる問題点を発見して、ITを活用した改善に日々取り組み中。
RPAに限らず、SaaSやGAS, VBA活用など環境にあった改善を心がけています。個人的にGASが好きです。
お気軽にご相談ください。

関連記事