未経験から話題のRPAツール「UiPath」をマスターしたい!!

RPA ブログ

読者のみなさま!こんにちは!!Apachanです。
以前から気になっていたRPAツール「UiPath」をこれから学習していきます。
本ブログで一ユーザー目線でポイントとなることを紹介していきます。
初回は利用する前段階として、UiPathの魅力など探っていきたいと思います。

目次
1. UiPathとは
・現在まで経緯
・ユーザー数
・第3者機関からの評価
・どのようなことができるか
2. UiPathの特長
・対応アプリ数
・直感的な操作感
・スケーラビリティ
・日本語対応
3. UiPathのお値段は
・ライセンスについて
・Communityエディション
まとめ

1.UiPathとは

・現在まで経緯

UiPath社(厳密には前身となる会社)は2005年にルーマニアのブカレストで誕生しました。2013年には、UiPathの記念すべき第1号となるデスクトップオートメーション製品を発売しました。その後世界各国で現地法人を立ち上げて、UiPathの名称で一気に普及しました。その流れで2017年2月に日本法人も設立されました。
UiPath社がルーマニア発ということを知らなかった方も多いではないでしょうか?RPAという言葉が浸透するかなり前から製品があったことに驚きを隠せません。

・ユーザー数

UiPathのホームページを見る限り、世界中のユーザー数は75万人以上と発表されています(2020年8月1日時点)。日本国内は東証一部上場企業の時価総額TOP30の7割がUiParthと取り引きをしているようです。具体的な数には言及されていませんが、大きい企業ほど一部も含めてUiPathを利用する傾向が高いのでしょうか。
少し古い2019年7月22日のプレスリリースでは、日本国内のユーザー企業が1,000社突破(https://www.uipath.com/ja/newsroom/2019-07-22)と発表されています。NTT-AT提供の純国産のWinActorは、2020年5月21日のプレスリリースで5,000社突破(https://winactor.com/news/21547/)と発表されています。単純に導入社数だけ見るとWinActorの方が上回っているように思いが、企業規模の考慮なども必要となるため、一概にどちらのライセンス数が多いとは判断できません。また、過去導入したが現在は契約していない企業などが含まれているのかどうかも気になるところです。
いずれにしても現時点ではこの2つのRPA製品が日本国内の2強と言っても過言ではありません。純国産 vs グローバルというのも見所です。

UiPath利用状況
※ 出典:UiPath社ホームページ(https://www.uipath.com/

・第3者機関からの評価

UiPathは複数の第3者機関から製品として高い評価を得ています。
IT製品に関して様々な格付けをガートナー社からは、UiPathがRPA製品のリーダーと位置付けられています。
MM総研の「RPA国内利用動向調査2020」では浸透率というカテゴリでトップを獲得しています。これは、企業の中で、利用部門、PC、従業員などへの浸透度を表したものなので、RPAの運用がうまく行っていると見ることもできます。

UiPath第3者機関からの評価
※ 出典:UiPath社ホームページ(https://www.uipath.com/

・どのようなことができるか

業務を自動化する一般的な手段については、UiPathには一通り機能として兼ね備えられています。UiPathのポイントは「2.UiPathの特長」にて解説していきます。

2.UiPathの特長

・対応アプリ数

ExcelなどのOffice製品、SAPやSalsesforceなど、対応アプリ数が多いと言われています。。

・直感的な操作感

ドラック&ドロップでシナリオが作成できるUiPath Studioが使いやすいと言われています。また、レコーディング機能もあるため、ユーザーの操作を録画して利用することもできます。ノンコーディングであり使いやすいというのが支持されているポイントです。

UiPatnのインターフェース

・スケーラビリティ

1台からというスモールスタートが可能で、UiPath Orchestratorというサーバー型RPAにスケールアップすることもできます。

・日本語対応

ExcelなどのOffice製品、SAPやSalsesforceなど、対応アプリ数が多いと言われています。。

3.UiPathのお値段は

・ライセンスについて

大きく2種類あります。機能の細かい違いは多々あるようですが、お試しであればCommunity Cloudからの利用で問題ないでしょう。

無償 有償
名称 Community Cloud Enterprise
対象 個人/小規模事業者 法人
更新 自動 手動
サポート
利用制限

※ エンタープライズには60日間の無償の評価版あり
※ Community Cloudに制限はありませんが60日毎のアクティベーションは必須

・Community Cloudの利用条件

個人や小規模事業者であれば無償のCommunity Cloudを利用できるようですが、UiPath社のホームページの中に以下文言がありました。

従業員が250人未満で、売上高が500万ドル未満の組織(関連会社を含む)の場合は、非本番利用だけでなく本番利用することができます。

https://www.uipath.com/ja/start-trial

従業員数や売上高の条件は明記されていました。また、利用に関しては本番利用も可能なので、評価や検証だけでなく本番、すなわち実務で利用することもできるようです。
したがって、私自身は個人として活動していますので、本ブログではCommunity Cloudを利用していきたいと思います。

まとめ

UiPathの現在の立ち位置を確認して、UiPathの特長やライセンス形態を確認しました。

次回はUiPath Community cloudをダウンロードをしてインストールしてみたいと思います。

Apachan

約10年間の代理店営業を経験した後にITに興味を持ちプログラミングを習得。営業で培ったコミュニケーション力を活かしつつ...業務現場からボトルネックとなる問題点を発見して、ITを活用した改善に日々取り組み中。
RPAに限らず、SaaSやGAS, VBA活用など環境にあった改善を心がけています。個人的にGASが好きです。
お気軽にご相談ください。

関連記事