RPA事業

トレンドライフが業務自動化をお手伝いします!

RPAは、今後も伸びが期待されているものの、プログラミングが必要であったり、導入してもうまく機能してくれないと言うことも。 それは業務内容に合わせたツールの選定や、そもそもどんな業務がRPA化に適した業務なのかの判断がうまくできていないことが原因かも。 私たちトレンドライフはRPAを導入する際の業務ヒアリングから操作方法の説明まで、お客さまのご要望に合わせて最適なツールの選定や活用方法をフォローさせていただきます。

 

RPAとは

RPAとは、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation)のことで、 人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、人間の代わりにロボットがパソコン上の操作を自動で代替し、業務を遂行してくれます。

RPAの特徴

RPAは日常の業務で行なっているデータ入力やWeb操作といった単純な事務作業を「ノンプログラミング」で、誰でも自動化することができます。操作手順を記憶させ、自動実行することで担当者の方は他の業務へ時間を割くことができる様になります。 以下の様な業務に対して特にRPAの導入が有効です。

扱う情報が電子化(構造化・正規化)されているもの 定常的に発生する反復作業 処理の手順やルールが明確に定まっているもの

なぜ今RPAが人気なのか

少子高齢化の進行に伴う労働力人口の減少や、昨今のAIブームと働き方改革の推進のための労働力生産性の向上が合わさって後押しになっていることが社会的な背景として挙げられます。加えて、ノンプログラミングで簡単に自動化を実現することが出来るRPAは、従来の技術の様に専門的な知識を必要としないため、業務を担当している人が誰でも導入出来ることが人気の理由として考えられます。

RPAの強み

efficiency

人的工数削減

単純作業を全てRPAに任せることで、人間はコニュニケーションが必要とされる仕事や、クリエイティブな仕事に集中することができます。

24h365d

辞めない・働き続ける

RPAは人間とは異なり、24時間365日休みなく稼動できるため、業務処理能力が向上し、コスト削減が見込めます。

qualityup

品質向上

RPAは決められた手順通りに正確に作業を実行するため、人為的なミスや不正操作を防ぐことができます。

ご提供ツール

トレンドライフでは、お客さまのニーズに応じた最適なRPAソリューションをご用意。  

winactor

大規模導入

(サーバー型/クラウド型)

※WinActorはNTTアドバンステクノロジの登録商標です。

coc

小規模導入

(クラウド型)

WinActor®とは

RPAツールWinActorは信頼と実績のNTTグループで培った技術を元に開発された純国産ソフトウェアで『Windows端末上のアプリケーションの操作を学習し、自動実行するソフトウェア型ロボット』 です。 利用できるアプリケーションに制限はなく、あらゆる業務を自動化します。自動化のロボット作成も容易で、プログラミングの知識は不要、情報システム部のようなIT部門でないユーザでも簡単に自動化が可能です。 そのため、業務改善のタイミングやシチュエーションは問いません。ロボットに定型処理を任せることで、本来の業務や新規ビジネスに専念することができます。

WinActor®のご提供サービス

ライセンス販売

シナリオ作成

研修

WinActor®Cast On Callとは

インターネットに接続されたWindows PCがあれば、クラウド上に提供されている既製のRPAシナリオをダウンロードすることで簡単に利用することができます。 お客さまはクラウド上にある既製のシナリオを選択するだけで利用可能なため、シナリオを一から作成する必要がありません。また、どのシナリオをいつ利用したのか利用状況の確認が可能なため作業履歴の管理も容易です。

WinActor®Cast On Callのご提供サービス

シナリオ提供

RPA導入の流れ

flow

1.お客さまの業務内容をお伺いし、RPA導入による効率化を体感いただく業務業務について手順/課題を整理し、RPA化に最適な業務プロセスを定義。
2.業務プロセスやお客さまの環境に最適なRPAツールを選定しご提案。
3.定義した業務プロセスに合わせてお客さまだけの動作するロボットを実際に開発、納品させていただきます。

RPA導入をご検討中の方へ

お見積もりや導入に関する詳細が知りたい方は・・・

 

お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

ROBOTIC PROCESS AUTOMATION

AI-OCR事業

RPA×AI-OCRで更なる自動化を!

AI-OCRとは

AI-OCRとは、手書きや印字された文字を読み取りデジタル化するOCR技術にAIを取り入れることで読み取り精度を上げた技術です。 文字認識の精度は人工知能がディープラーニングで学習し続けるため、常に向上し、従来のOCRで面倒だった座標の設定や定型フォーマットの指定等もAIにより不要なため、扱う帳票の種類が多いほど効果を発揮します。 なかなか無くすことの出来ない紙書類のデジタルデータ化をかんたんに誰でも行えるため、RPA導入の第一歩として注目されています。

AI-OCRの強み

高精度文字認識

異なる帳票フォーマットに対応

RPAとの融合による効率化

ご提供ツール

トレンドライフでは、お客さまのニーズに応じた最適なAI-OCRツールをご用意。  

fastaccounting

大規模導入
sweep

中・小規模導入

ご提供サービス

AI領収書/請求書/預金通帳 読取りAPIサービス 人工知能により画像から文字入力の自動化を実現します。一般的に紙で発行される証憑(領収書・通帳・請求書など)は、会計システムや経費精算システムへ転記入力されておりますが、この作業には人の手や時間が非常に掛かっておりました。AI領収書/請求書/預金通帳 読取りAPIサービスは、スキャナーや複合機でスキャンした通帳や、カメラなどで撮影した領収書画像をテキストに自動変換するソリューションです。 深層学習によるOCRで高精度な読み取りレシート等の日付、合計金額、電話番号、支払先といった必要な情報をテキストへ変換することにより、システム連携を実現し、経費精算や会計業務において、経費精算入力やパンチャー業務といった負荷の大幅な低減に貢献します。事前にテンプレート等の作成作業が必要なく利用でき、AIの学習によって読取り精度が継続的に向上していきます。

AI自動仕訳 APIサービス 人工知能により勘定科目を推論し仕訳を自動化します。数十万件の実際の仕訳データで深層学習したAIにより、入力された金額や取引先等のデータを元に自動で仕訳(勘定科目推論)を行います。 ルールベースで設定を作成する自動仕訳とは異なり、過去の会計データを基に仕訳を行います。AI領収書読取りサービスと連携することにより、更に会計データ入力の自動化に貢献します。 また、各社毎に合わせたデータで学習することにより、科目選択・コード等のカスタマイズを柔軟に行うことも可能です。

AI-OCR導入をご検討中の方へ

お見積もりや導入に関する詳細が知りたい方は・・・

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ARTIFICIAL INTELLIGENCE
Optical Character Reader