RPAとは

RPAとは、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation)のことで、 人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、人間の代わりに、ロボットがパソコン上の操作を自動で代替し、業務を遂行してくれます。
以下の様な業務に対して特にRPAの導入が有効です。

  • 扱う情報が電子化(構造化・正規化)されているもの
  • 定常的に発生する反復作業
  • 処理の手順やルールが明確に定まっているもの

WinActorとは

RPAツールWinActorは信頼と実績のNTTグループで培った技術を元に開発された純国産ソフトウェアで『Windows端末上のアプリケーションの操作を学習し、自動実行するソフトウェア型ロボット』 です。 利用できるアプリケーションに制限はなく、あらゆる業務を自動化します。自動化のロボット作成も容易で、プログラミングの知識は不要、情報システム部のようなIT部門でないユーザでも簡単に自動化が可能です。 そのため、業務改善のタイミングやシチュエーションは問いません。ロボットに定型処理を任せることで、本来の業務や新規ビジネスに専念することができます。

CastOnCallとは

インターネットに接続されたWindows PCがあれば、クラウド上に提供されている既製のRPAシナリオをダウンロードすることで簡単に利用することができます。お客さまはクラウド上にある既製のシナリオを選択するだけで利用可能なため、シナリオを一から作成する必要がありません。また、どのシナリオをいつ利用したのか利用状況の確認が可能なため作業履歴の管理も容易です。

ご提供サービス

Ⅰ.選定

・対象業務の洗い出し
・RPA化業務の選定
・RPAツールの選定

Ⅱ.導入

・シナリオ作成
・教育支援
・動作確認

Ⅲ.運用

・保守/メンテナンス
・管理体制構築支援
・RPA化業務の拡大

コンサルティング

  • お客さまの業務内容をお伺いし、RPA導入による効率化を体感いただく業務を選定
  • 選定した業務について手順/課題を整理し、RPA化に最適な業務プロセスを定義
  • 安定運用を目指すための管理体制構築や運用保守体制の整備をサポート

シナリオ作成

定義した業務プロセスについてWinActorで動作するロボットを実際に開発、納品させていただきます。