【初心者向け】Excel Power Query 002 データの取得

Excel Poewr Query

Excel Power Query 002 データの取得

読者のみなさま!こんにちは!!Apachanです。
今回はパワークエリを利用する際の最初のステップ、データの取得について解説していきます。
パワークエリは外部からデータを取得して加工等の作業を行いますが、まずはどういったデータが対象なのか知ることが重要となります。

目次
・パワークエリ利用の3ステップ
・データの取得
・取得対象のデータ
・エラー発生時
・Power Query エディタ
まとめ

・パワークエリ利用の3ステップ

パワークエリは、外部から加工の対象となるデータを取り込む工程からスタートします。
本日はデータの取得中心に解説していきます。

パワークエリの利用3ステップ

・データの取得

本ブログではOffice 365のExcelを利用しながら解説していきます。
Excel 2016は同等のことができますが、ExcelのUIが異なります。また、Excel 2010, 2013はアドインの導入が必要となります。
MacのExcelでPower Queryを利用する際には、一部機能差分があるため注意が必要となります。

① 加工用ファイルという名前のExcelファイルを新規作成
外部データを読み込んで加工するためのExcelファイルとなります。

② 読み込み対象の外部ファイル
データ取得の対象ファイルとして以下お使いください。
次回もこちらのデータ取得用ファイルを使用していきます。

データ取得用ファイル

③ データタブからデータの取得を選択
今回のデータ取得ファイルはExcelとするため下図のように選択してください。

データ取得1:ファイル形式を選択

④ 対象ファイルの選択
対象ファイル選択のためのダイアログが起動するので今回のサンプルファイルを読み込んでください。

データ取得2:対象ファイルの選択

⑤ ナビゲーター
複数のアイテムの選択にチェック、続いて読み込み対象のシートにもチェックを入れてください。
加工が発生する場合は必ず「データの変換」を押下してください。
※ 「読み込み」を押下すると加工を行うことはできません。単に外部データを読み込みだけになります。

データ取得3:対象シートの選択

・取得対象のデータ

下表のようにPower Queryは様々なデータ形式のものを取得することが可能です。

種別 サービス
ファイル Excel / テキスト / CSV / XML / JSON / PDF / フォルダ など
データベース SQL Server/ Access / Analysis Services など
Azure Azure SQL データベース / Azure Synapse Analytics など
オンラインサービス SharePint Online リスト / Salesforceオブジェクト(レポート) など
その他 Web / ODBC / OLE DB / Microsoft Query など

Webからは様々な情報を取得することができます。
下図のようにGoogle スプレッドシートに接続することもできます。

Google スプレッドシートの取得

・読み込みエラー発生

データの取得を実施する際に以下のようなエラーメッセージが表示されて、ナビゲーターが起動しないことがあります。

データ取得時のエラー

アクセス制限のかかったファイルについては接続することはできません。
下図のように「ブックの保護」より「アクセスの制限」を削除する必要があります。
また、原因は定かではありませんが特殊な関数を使用しているブックなどは読み込みに失敗することがあるため、
読み込み対象のシートだけ新規ブックにコピーするとうまく取り込みことができたりもします。

アクセス制限の解除

・Power Query エディタ

ナビゲーターの「データの変換」を押下すると下図のようにパワークエリエディタが起動します。
このエディタを利用してデータを加工することになります。

パワークエリエディタ

まとめ

いくつか注意点はありますが、データ取得はかんたんにマウス操作で行うことができると伝わったのではないでしょうか。
次回はデータの加工については解説していきます。

Apachan

約10年間の代理店営業を経験した後にITに興味を持ちプログラミングを習得。営業で培ったコミュニケーション力を活かしつつ、様々な現場の業務改善に日々奮闘中。
RPAに限らず、SaaSやGAS, VBAなど手段はクライアントの方と考えながら進めます。
RPAやプログラミング関連の書籍も執筆しました。
お気軽にご相談ください。

関連記事