【初心者向け】Excel Power Query 001 パワークエリとは?

Excel Poewr Query

Excel Power Query 001 パワークエリとは?

読者のみなさま!こんにちは!!Apachanです。
ここ最近目にする機会が増えたExcel の一機能である「Power Query(パワークエリ)」を解説していきます。
パワークエリの特性を知ることで、業務自動化の幅が広がることを目的とします。

目次
・パワークエリとは?
・RPAとの違い
・利用手順
・Demo
・メリット
まとめ

・パワークエリとは?

パワークエリは、Microsoft OfficeのExcelが提供する機能の一つであり、
外部から任意のデータを取得して利用したい形式に加工して出力することができます。
Extract(外部からデータ抽出), Transform(データ変換・加工), Load(データ読み込み)の頭文字をとってETLに分類されることもあります。

<パワークエリの利用要件>

項目 説明
ソフトウェア Microsoft Excel
バージョン Excel for Microsoft 365, Excel 2019, 2016 ※ Excel 2010, 2013はアドイン別途必要
OS Windows, Mac
推奨環境 機能やUIに差分が発生するためWindowsの最新版Excelを利用推奨 ※ 本書ではExcel 2019を利用

・RPAとの違い

前述したパワークエリについてですが、RPAにも同様の機能が備わっております。
外部からデータを取得して加工することはRPAのスコープ内とされているため、一見するとRPAがあればパワークエリは不要とされがちです。
しかし、取得データの加工が複雑だった場合にはパワークエリを利用した方が円滑だったり、保守運用上都合がいいこともあったりします。
そのために本ブログでは、パワークエリのメリットなど様々なノウハウを解説していきます。

<RPAのみ利用パターン>
RPAのみ利用パターン

<RPA・パワークエリ併用パターン>
RPA・パワークエリ併用パターン

・利用手順

① データの取得
外部からデータを取得します。取得したファイルを指定するところからスタートします。
txt, csv, Excelなどは勿論のこと、Access, ODBC, SQLサーバーなどからも取得可能となります。

② データの加工
①工程の後にPower Query Editorを起動してデータの加工ができるようになります。
リボンのメニューをマウス操作で加工をすることが可能なため、Excelに慣れた方であれば難なく覚えることができます。
条件に沿った列行の削除, 置換, 条件列の追加など様々なことに対応しています。

③ データの出力
加工が終わったらExcelのシート上にデータを出力します。
シートに出力せずに接続として保持しておくことも可能です。

・Demo動画

前提として①のデータ取得は済んだ状態で利用手順②→③のDemo動画となります。
詳しい利用方法は次回以降のブログで紹介します。今回は流れを中心に確認してください。
ポイントとしては加工した内容が右サイドバーの適用ステップとして記録されていくところです。
こちらを確認することでどのような加工をしたか振り返ることができます。
各適用ステップの名称を編集することで保守性を上げることも実務ではあります。

※ 加工内容
不要列削除<1列目>
不要行削除<1行目>
ヘッダー昇格<1行目>
列の結合<姓と名の間に★>
項目名の列位置変更
ローマ字を頭文字のみ大文字に変更
クエリのマージ<都道府県情報取得>
置換<性別>
データ型の変換<日付型と文字列型>
プレフィックス追加<頭に0>
文字列抽出と項目名編集<ドメイン>
Date型の列から年情報取得
年情報から条件列の追加

・メリット

以下3つのメリットがあります。

・①工程で取得した元ファイルの構造が変わらなければ、Demo動画のように一度設定した内容は繰り返し利用可能です。
・データ加工の手順がステップとして記録されるため属人化されずらい仕様になっています。
・Accessやマクロ(VBA)などと比べると圧倒的に使いやすく実務利用のハードルが低い。

まとめ

今回はRPAと対比しながらパワークエリの機能や利用用途を解説しました。
RPA一択ではなく、複雑なデータ加工が伴う際は併用して利用することなども視野に入れてもよいのではないかと思います。
また、ちょっとした個人単位で完結するようなタスクであっても利用していると便利かも知れませんね。
次回から具体的な利用方法に踏み込んで解説していきます。

Apachan

約10年間の代理店営業を経験した後にITに興味を持ちプログラミングを習得。営業で培ったコミュニケーション力を活かしつつ、様々な現場の業務改善に日々奮闘中。
RPAに限らず、SaaSやGAS, VBAなど手段はクライアントの方と考えながら進めます。
RPAやプログラミング関連の書籍も執筆しました。
お仕事のご相談などお気軽にtwitterDMまでご連絡ください。

関連記事