AI-OCRとは

AI-OCRとは、手書きや印字された文字を読み取りデジタル化するOCR技術にAIを取り入れることで読み取り精度を上げた技術です。

文字認識の精度は人工知能がディープラーニングで学習し続けるため、常に向上し、従来のOCRで面倒だった座標の設定や定型フォーマットの指定等もAIにより不要なため、扱う帳票の種類が多いほど効果を発揮します。

なかなか無くすことの出来ない紙書類のデジタルデータ化をかんたんに誰でも行えるため、RPA導入の第一歩として注目されています。

ご提供サービス

AI領収書/請求書/預金通帳 読取りAPIサービス

人工知能により画像から文字入力の自動化を実現します。一般的に紙で発行される証憑(領収書・通帳・請求書など)は、会計システムや経費精算システムへ転記入力されておりますが、この作業には人の手や時間が非常に掛かっておりました。AI領収書/請求書/預金通帳 読取りAPIサービスは、スキャナーや複合機でスキャンした通帳や、カメラなどで撮影した領収書画像をテキストに自動変換するソリューションです。

深層学習によるOCRで高精度な読み取りレシート等の日付、合計金額、電話番号、支払先といった必要な情報をテキストへ変換することにより、システム連携を実現し、経費精算や会計業務において、経費精算入力やパンチャー業務といった負荷の大幅な低減に貢献します。事前にテンプレート等の作成作業が必要なく利用でき、AIの学習によって読取り精度が継続的に向上していきます。

AI自動仕訳 APIサービス

人工知能により勘定科目を推論し仕訳を自動化します。数十万件の実際の仕訳データで深層学習したAIにより、入力された金額や取引先等のデータを元に自動で仕訳(勘定科目推論)を行います。
ルールベースで設定を作成する自動仕訳とは異なり、過去の会計データを基に仕訳を行います。AI領収書読取りサービスと連携することにより、更に会計データ入力の自動化に貢献します。

また、各社毎に合わせたデータで学習することにより、科目選択・コード等のカスタマイズを柔軟に行うことも可能です。

デモ動画

準備中