AA基本解説01 Automation Anywhereとは?今後の日本普及の可能性を模索!!

Automation Anywhere RPA

AA基本解説01 Automation Anywhereとは?

読者のみなさま!こんにちは!!Apachanです。
ここ1~2年日本国内でAutomation Anywhere(※本文ではAAと省略)の認知度が急激に上昇してきました。
海外RPAツール勢の中でAAは、日本進出に少し出遅れた感がありましたが、
米国を初め数多くの国のユーザーから支持を得ているという情報もあります。
今回はAAの成り立ちから現在までの経緯、特徴など、基本的な全体像を中心に解説していきます。

目次
1.Automation Anywhereとは?
・現在まで経緯
・ユーザー数
2.2019年リリースについて
・Community Edition版
・EnterPrise A2019
まとめ

1.Automation Anywhereとは?

・現在までの経緯

Automaiton Anywhereの主な動きは下表を参考にしてください。
2003年に前身となる会社が米国にて設立されて、2010年に現在の社名へと変更となっています。
AA社は2018年に日本法人を設立していますが、前年に同じ海外企業のUiPath社やBlue Prism社は対応済みでした。
少し遅れたためか、2019年には矢継ぎ早にCE版やA2019を提供開始してRPA界隈の注目を集めています。

年月 事柄
2003年 米国 Tethys Solutions LLC 設立
2010年 Automaiton Anywhere 社名変更
2018年3月 日本 オートメーション・エニーウェア・ジャパン 設立
2018年11月 ソフトバンク・ビジョン・ファンドより資金調達
2019年5月 Community Edition(CE)版 提供開始
2019年10月 Enterprise A2019 提供開始

・ユーザー数

米国市場No.1などのフレーズは目にしますが、日本国内の導入数などの実績を見つける事はできませんでした。
2019年10月ソフトバンク社のプレスリリースでは、AAが世界90ヵ国以上3,100社以上の導入実績との記載がありました。
この中に日本企業がどのくらい含まれるかはわかりません。
一方、ほぼ同時期の2019年9月NTT-AT社のプレスリリースでは、WinActorの導入企業数が4000社突破との記載があります。
WinActorがスモールスタートに適してる分、AAはサーバーなどの環境構築も必要とされるため大規模になる傾向があります。
同じ物差しで比較しなければ意味がないため、上記数字は参考程度のものとなるでしょう。

※ ソフトバンク社 プレスリリース
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20191015_01/

※ NTT-AT社 プレスリリース
https://winactor.biz/topics/2019/09/27_1395.html

2.2019年リリース機能2点について

・Community Edition(CE)版

CE版は無料で利用可能なライセンスとなります。利用可能な機能は下表を参考にしてください。
CE版がある事でAA利用のきっかけが増えて、有志のナレッジ共有が増える傾向にあります。
今日のUiPathの普及にも同じくCE版があった事が大きいと言われております。

機能名 説明
IQ Bot コグニティブオートメーション(AI OCRのようなもの)
Bot Insight アナリティクス(実行結果を可視化)
Bot Store ロボットのマーケットプレイス

* CE版提供の対象ユーザー
小規模企業、開発者、学生 など
→個人の検証目的の利用であれば問題ないと考えられますが、不安があれば以下詳細を確認した上で利用しましょう。

※ CE版エントリーページ
https://www.automationanywhere.com/jp/products/enterprise/community-edition

Community Edition ではスモール ビジネス* や開発者から小規模なチーム、学生に至るまで、誰もが Automation Anywhere University の RPA コースを無料で学び、世界最大の RPA コミュニティである A-People のサポートを受けることができます。
* 「スモール ビジネス」に該当するのは、1) (物理および仮想を含む) マシン台数が 250 未満、2) ユーザー数が 250 未満、3) 年間収益が 500 万ドル未満の要件に該当する企業のみです。これら 3 つのうち 1 つでも超過している場合、その企業はスモール ビジネスとは見なされません。スモール ビジネス (その関連会社を含む) が Community Edition を使用できるのは、組織内のマシン 5 台までとなります。また、IQ Bot を使用して処理/アップロードできるのは、月に 100 ページまでとなります。
** スモール ビジネス、開発者、学生に限り無料となります。

・A2019

今回は全体像の理解を主としているため、3点のみピックアップしました。
印象としては、A2019登場でユーザーフレンドリーになった分、今後はAA特有の高機能に接するユーザーも増えるのではないかと考えます。

  1. Webブラウザベース
    ソフトウェアのインストール不要。ブラウザ上でロボットの開発や実行ができます。
    他RPAツールになく、完全にAAの独自仕様となります。
  2. 日本語UI
    日本進出が遅かった分、AAの弱みと言われていましたが、だいぶ解消してきたように感じます。
  3. フロー型対応
    下表のようにリスト型ではなくフロー型としての表示可能となりました。
    従来バージョンもードを記述することなく、アクションをドラッグ&ドロップしてシナリオを作っていく仕様でしたが、
    やはりフロー型の方が視認性が高いように感じます。
    フロー型非対応という事だけでUiPathを選択する方も多かったですが、今後使い勝手まで確認して見極める必要があるかも知れません。

Automation Anywhere A2019特長

まとめ

今回は日本市場から見たAutomation Anywhereの全体像を中心に解説しました。
グローバルでは人気がある製品であっても、日本ではチャレンジャーという印象が強いです。
手軽に扱えるCE版やユーザーライクなA2019は間違いなく魅力的な要素となるので、今後どれだけ日本でAAが浸透するかとても楽しみです。
引き続き本ブログではAAを取り扱って行きたいと思います。

Apachan

約10年間の代理店営業を経験した後にITに興味を持ちプログラミングを習得。営業で培ったコミュニケーション力を活かしつつ...業務現場からボトルネックとなる問題点を発見して、ITを活用した改善に日々取り組み中。
RPAに限らず、SaaSやGAS, VBA活用など環境にあった改善を心がけています。個人的にGASが好きです。
お気軽にご相談ください。

関連記事